→ オーランの巻物
MOZの使い方マニュアル 被リンクの増やし方

リンク否認でスパムドメインからの被リンクを排除する方法

MOZの使い方マニュアル
オーランの巻物(note)

誰も教えようとしなかったアフィリエイト術

  1. アフィリエイトサイトの作り方
  2. 中古ドメインの運用方法
  3. 量産サイトの作り方

巻物の口コミを見る

アフィリエイトノウハウをまとめたNoteだ。

 

リンク否認

ブラックSEOの基本となるのはバックリンクでそのリンクが悪影響を及ぼすことも多々あります。

そんなときにはリンク否認を使いましょう。

 

リンク否認の手順

悪影響を及ぼしているリンクを探す

悪影響を及ぼしているリンクを探すのには、MOZのLink Explorerを使います。

 

MOZを使ったことがない方はMOZ使い方マニュアルがおすすめです。

MOZの使い方と無料機能(キーワードやドメイン調査)を徹底解説。

 

Link Explorerのスパムスコアメニューを開く

Link Explorerで調査したいドメインURLを入力します。

続いてSpam Scoreをメニューで選びます。

 

スパムスコアメニューを選ぶ

 

画面上にスパムスコアの分布図があります。スパムスコアの高いURL(要するにスパムの可能性が高いページ)の割合が目視できます。

71%〜 81%〜 のスパムスコアの被リンクが1つずつあるようですので今回こちらを対処していきます。

 

スパムスコアの分布

 

リンク元ページを確認する

スパムスコア画面の下にリンク元一覧表が表示されます。スパムスコアが高い順に並ぶので一番上から対処していきます。

 

表の2つ目にはredirectのバッジが表示されていますので、リダイレクトがそのままかかる状態になっています。直接リンク元は確認出来ませんが悪質なリダイレクトとして認識される可能性大です。

 

被リンク元データ

 

リンク元を開いて目視

どうやらリンク元はリンク集の管理画面のようです。リンク集はスパム扱いされる代表的なサイトですのでこれは絶対リンク拒否しましょう。

表の3番目のリンク元もリンク集のような仕組みだったので否認します。

 

リンク元を開く

 

 

否認テキストを作成する

悪影響を及ぼしているリンク元を突き止めたら、googleに否認リストを送信します。否認リストはテキスト形式(.txt)で作成します。(文字コードはUTF-8)

 

ドメイン全部否認する

ほとんどの場合、ドメイン全体を否認することが多いです。

 

否認リストの例

#以下のドメインは運営元に削除を求めたが返答なし
domain:info123.jp
domain:rak1.jp

wwwや/(スラッシュ)は除きます。

 

1行目は#のあとに否認する理由や状況をお書きください。

 

グーグルドキュメントを使うと、文字コード UTF-8で作られるのでカンタンでおすすめです。

否認リストを入力後、書式なしテキストでダウンロードしてください。

 

googleドキュメントで作成すると便利

 

 

リンクの否認画面を開く

サーチコンソールにログインした状態で下記URLに移動します。

Google Search Console
Search Console でプロパティに関する Google 検索結果データを監視できます。

 

リンクの否認をしたい自分のサイトを選択してリンクの否認ボタンを押します。まるで自分のサイトを否認するような感じですがあくまでもリンク元を否認する作業ですのでご安心ください。

否認する対象ドメインを選択する

 

再度、警告文が表示されます。もう一度リンクの否認ボタンを押してください。

警告文

 

否認リストの送信

ファイルを選択ボタンを押して先ほど作成した否認テキストファイルを選択します。続けて送信ボタンを押します。

 

否認リストの送信

 

 

リンク否認完了

これで作業完了です。お疲れ様でした。追加したい場合や修正したい場合はダウンロードボタンを押して編集してください。

後から否認したいリストが増えた場合は、リストに追加すればOKです。

 

 

リンク否認完了