→ オーランの巻物
中古ドメインの使い方(初心者向け)

正しいサテライトサイトの作り方(陣形)を図式で解説

中古ドメインの使い方(初心者向け)

戦争はもちろんスポーツにも陣形があるようにサテライトサイトにも陣形があります。陣形によって効果が大きく異なることはあまり知られていません

今回はそんなサテライトサイトの陣形パターンを3つ紹介します。

オーランの巻物(note)

誰も教えようとしなかったアフィリエイト術

  1. アフィリエイトサイトの作り方
  2. 中古ドメインの運用方法
  3. 量産サイトの作り方

巻物の口コミを見る

アフィリエイトノウハウをまとめたNoteだ。

 

サテライトサイトの作り方パターン

単横陣

サテライトからメインサイトにリンクを送るだけなので単純です。サテライトサイトの数は出来るだけ少ない方がリスクが減る上にグーグルの評価は高い。

数が少ないのでドメインパワーの強さが必要となる。

単横陣の特徴

ドメインランクが高いドメインが必要

出来るだけサテライト数は少なくする

管理が楽

魚鱗陣

核となるサテライトを1つ置いてその後ろにサテライトサイトを複数配置します。リンクが間接的になり核となるサテライト自体が強くなっていく。本数が変化しないためリスクは極限まで減ります。

陣の核となるサテライトサイトが確実に働くかが鍵となる。事前に別サイトでオーガニックトラフィックあるいは検索順位を取れたドメインを使用するといいでしょう。

SEO Clerk(SEO Clerkの使い方)のピラミッド型自演リンクはこの形を大きくしたタイプで、同じくリンク本数を減らせるので自演の中でもリスクの少ない被リンクを作れます。

魚鱗陣の特徴

リスクが低い

確実なサテライトサイトが1つ必要

方円陣

サテライトサイトをサークル状に配置してリンクを回す。そして1サイトからリンクをメインに送る。

この陣形にするとメインサイトのドメインランクが大幅に上昇する。(実証済)

aHrefsのドメインレーティングであるDRを50以上にすることも可能。

グーグルのペナルティ対象となるので決して相互リンクにはしないように。

実はこの陣形をしていた量産サイトが1度にペナルティを食らうという事例が2件起きたのでリスクが高いと思われる。DRが上がったら陣形を崩して魚鱗陣にすることをおすすめします。

方円陣の特徴

ペナルティリスクが高い

ドメインランクが高くなる

管理が大変

コーポレートサイトと運営サイトを相互リンクでつなぐ

サテライトサイトから運営サイトにリンクを送ると当然検索順位は上がりやすいのは当然ですが、法人運営や個人事業主の方は、自身のコーポレートサイトをお持ちでしょう。コーポレートサイトにサービス紹介ページまたは運営サイト紹介ページを作って、そこから運営サイトへリンクを送りましょう。

運営サイトの会社概要ページから、運営サイトへのリンクも忘れずに送りましょう。この方法は、人に言えないようなサイトでは出来ない技ですがコーポレートサイトが母体となって、ドメインパワーが成長していくのでおすすめです。

今は動画だ、Instagramだだのいろんなプラットフォームへの移動をしないといけないと感じさせる風潮が多いですが、実際には自分のオリジナルコンテンツを持つことが重要になっています。

もちろんnoteじゃなくてもYoutubeでもTwitterでもいいです。流行っているプラットフォームに乗ることばかり考えずに、自分の商品・サービスを作ることに専念してみてはいかがでしょうか。

そして自分の商品・サービスが完成したら、プラットフォームに出向いて自分の商品を宣伝すればいいのです。

中古ドメイン騎士
オーラン

ドメイン千年戦争を生きた騎士オーラン。中古ランプを手に入れて中古ドメインでペラ量産しまくる騎士。武器はペラサイト流星剣。

気に入ったらツイートしてくれ。ポチッと。
中古ドメイン騎士オーラン