→ オーランの巻物
ホワイトSEO ワードプレスカスタマイズ

レンダリングを妨げるリソースの除外をwordpressプラグインで改善

ホワイトSEO

ワードプレスサイトの高速化ネタです。Speed Insightsに表示されるレンダリングを妨げるリソースの除外をプラグインで改善します。

オーランの白い巻物(note)
  • 実際のアフィリエイトサイト作成を知りたい
  • キーワード選定をうまくなりたい
  • 世界観のあるブログを作りたい

白い巻物を見てみる

私と共に喜ばれるブログを作ろう

レンダリングを妨げるリソースって何?

レンダリング=ブラウザにwebページを表示させる処理 の途中でjquery.min.js等のJavaScript・CSSの読み込みなどがあると、、、画面表示処理が途中でストップしてしまう

解決方法は、CSSやJavaScriptを表示処理を妨げないように非同期で処理してあげる。JavaScriptやCSSの設定をいじると一部の表示が崩れたりJavaScriptが動かなかったりする可能性があるので、改善作業が終わったら、サイトがきちんと表示されるかスマホでチェックしましょう。

改善方法

全体の手順
  • 流れ
    レンダリングを妨げるリソースの除外

    Autoptimizeプラグインをインストール
    Autoptimizeの設定
    Speed Insightsで確認

プラグインAutoptimizeを追加

Autoptimizeプラグインを追加します。

Autoptimizeの設定

JavaScriptオプションのチェック箇所

JavaScript コードの最適化
JS ファイルを連結する

の2つにチェックを入れます。

追加タブの入力箇所

非同期JavaScriptファイルに以下のようにカンマ区切りで、レンダリングを妨げているJavaScriptを入力します。(この入力をしなくてもJS ファイルを連結するのチェックを入れるだけでうまくレンダリングブロックが防げる環境もあるようです。Speed Insightsを見ながら作業してください。)

https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.12.4/jquery.min.js,https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/jquery-migrate/1.4.1/jquery-migrate.min.js

CSSオプションのチェック箇所

ワードプレステーマ側でCSSの高速化設定(Cocoonの高速化メニューでCSS縮小化にチェックを入れている場合など)はCSSのチェックは不要です。

Chromeのシークレットモードで、Speed Insightsを開いて改善できたかチェックしてみてください。

中古ドメイン騎士
オーラン

ドメイン千年戦争を生きた騎士オーラン。中古ランプを手に入れて中古ドメインでペラ量産しまくる騎士。武器はペラサイト流星剣。

気に入ったらツイートしてくれ。ポチッと。
中古ドメイン騎士オーラン