WooCommerceのプラグインまとめ

Woo Commerceで使ったプラグインを備忘録としてまとめておく。

実現したいことを調べるならこちら↓

WooCommerceでネットショップを開店させるための作業手順↓

商品テーブル(商品一覧)プラグイン

Woo Product Table(利用中)

woo product table

行単位で商品一覧を出力するプラグイン。無料版と有料版がある。どちらも使い勝手がよい。

Woo Product Tableの使い方

カテゴリーページにはショートコードが使えないことが多いので、固定ページにWoo Product Tableで作ったショートコードを貼り付ける。

商品データを一覧で表示させたい場合、ギャラリータイプの商品一覧よりも行単位の商品一覧が見やすい。

無料版の制限

・カスタムフィールドを1つしか追加できない。
・名称の変更やデザインの変更ができない部分がある。

Woo Product Table Proの使い方

  1. PROを購入するとメールでPurchase codeという番号をもらえる。
  2. PROをMy downloadsからダウンロードする。
  3. ダウンロードしたファイルは解凍してプラグイン本体をWPにインストールする。
  4. Activateメニューで1の番号を入力するとアクティベートして使用可能になる。

WooCommerce Product Table Lite

WooCommerce Product Table Lite

こちらも行単位で商品一覧を表示するプラグイン。Ajaxを使っているが表示が遅い。

注文フォームの項目追加プラグイン

Flexible Checkout Fields(利用中)

Flexible Checkout Fields

備考欄など注文時の項目を追加するために導入。編集画面が使いやすい。

Checkout Field Editor (Checkout Manager) for WooCommerce

Checkout Field Editor (Checkout Manager) for WooCommerce

注文時の項目を追加するプラグイン。使ってみたがFlexible Checkout Fieldsの方が使いやすい。あと、無料版の制限が多すぎた。

注文メールカスタマイズプラグイン

注文を受けたときに困ったことが2つあって、

・お客さんの備考欄のコメントに個別に返信できない
・お客さんの備考欄のコメントが受注画面に表示されない

という点。

お客さんの備考欄のコメントに個別に返信できない

お客さんへの注文完了メールに一言添えたいという時にどうすればいいのか。。。まだ未解決。

お客さんの備考欄のコメントが受注画面に表示されない

おそらくフックを使えば出来そうだが、まだやれてない。

商品項目追加カスタマイズプラグイン

Flexible Product Add-Ons Free WooCommerce

Flexible Product Add-Ons Free WooCommerce

Flexible Checkout Fieldsと同じ開発元プラグインで商品情報を追加するプラグイン。使い方が今ひとつ理解できなかったので不使用。

Woocommerce Single Product Page Customizer(利用中)

商品ページの好きな箇所にHTMLやテキスト・画像を挿入できるプラグイン。

下画像のように商品ページカスタマイズに必要なフックの箇所のガイドが便利。

お気に入り機能を追加するプラグイン

YITH WooCommerce Wishlist

インストールするだけで、

・商品ページにお気に入りボタンを設置
・ウィッシュリストという固定ページが作られる

YITH WooCommerce Wishlistの設定例

商品ページの設定:英語テキストを日本語にしよう。

ウィッシュリストページの表示設定

プッシュ通知プラグイン

OneSignal Push Notifications

OneSignal Push Notifications

使い方はこちら

タイトルとURLをコピーしました